• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 652
  • 公開日時 : 2019/05/31 11:43
  • 更新日時 : 2020/06/08 17:59
  • 印刷

【自動車保険】子どもが車に乗るために年令条件を下げると保険料が大きく上がると聞きました。なぜでしょうか?

子供が車に乗るために年令条件を下げると保険料が大きく上がると聞きました。なぜでしょうか?
 
カテゴリー : 

回答

一般的に、年令の若いドライバー(以下、若手ドライバー)は、ベテランのドライバーと比較すると事故が多く、お受け取りいただく保険金も多くなっています。
このため、若手ドライバーを補償の対象とすると保険料は大きく上がってしまいます。
 
保険料を下げるという点については、ご契約の補償を削減することで可能です。
しかし、車両保険などの厚い補償が必要な若手ドライバーを補償の対象とする場合に、弊社から補償の削減を積極的にお勧めすることはできません。
 

「若手ドライバー」について

ベテランドライバーに比べて事故が多く、お受け取りいただく保険金が多いということは、若手ドライバーはそれだけ保険を利用する機会が多いということになります。

したがって、若手ドライバーを補償の対象とされる際は、補償内容と事故時のサポート体制が極めて重要となりますので、十分にご検討いただきたいと考えております。

 

弊社がご提供する「団体扱自動車保険」には、パナソニックグループ専用の「大口団体割引」が適用されており、通販型自動車保険に引けをとらない保険料水準を実現しております。
このため、若手ドライバーにも必要かつ十分な補償でご加入いただけます。

 

そして、パナソニックグループの保険代理店である弊社には、事故対応のプロである保険会社出身の専門スタッフが常駐するなど、若手ドライバーに安心して運転していただける体制を整えております。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください 質問は担当部署に直接ご連絡ください